うずしおくんが現地に向かい、まだまだ知られていない鳴門の魅力を紹介!
どんな場所に出没するか?それは秘密です!
番組連動ブログ「うずしおくんGOGO」も見てね!http://ameblo.jp/narutokanko/


毎週金曜 10:30〜12:00で生放送中のラジオ番組 「レインボーMIX」内
人気コーナー「うずしおくんGOGO!」ラジオ編です。


No.45〜No.53
『うずしおくんGO!GO!』〜鳴門で逢いましょう!

リニューアルして新メンバーで、ご紹介するのは!
鳴門市うずしお観光協会の新プラン『郷旅(satotabi)』〜 只今大人気 女子旅!鳴門の雑貨屋さんめぐり♪〜。
鳴門市うずしお観光協会の閑さん、金時芋太郎さん、なるとわかめちゃん、なるちゅるさんが鳴門の雑貨屋さんをめぐる旅!
@ISLAND〜アイランド
Aにちにち雑貨店
Bバラエティタイム チャーオ
C白猫堂ノスタルジック
D川添フルーツ(ラジオでの紹介は次回!)
詳しくは、鳴門市うずしお観光協会HPをご覧ください。

No.45 観光協会新プラン『郷旅(satotabi)』の紹介〜只今大人気 女子旅!鳴門の雑貨屋さんめぐり♪〜
No.46 ISLAND〜アイランド 前編
No.47 ISLAND〜アイランド 後編
No.48 にちにち雑貨店 前編
No.49 にちにち雑貨店 後編
No.50 バラエティタイム チャーオ 前編
No.51 バラエティタイム チャーオ 後編
No.52 白猫堂ノスタルジック 前編
No.53 白猫堂ノスタルジック 後編

ISLAND

ISLAND

にちにち雑貨店

にちにち雑貨店
バラエティタイム チャーオ
バラエティタイム チャーオ

白猫堂ノスタルジック

白猫堂ノスタルジック

No.38〜No.44
第29期うずしお大使と共に鳴門を散策!

今回は第29回うずしお大使の松木里奈さん・西川奈那子さんと鳴門を散策しました。
No.38 岡崎渡船に乗ってみた!
No.39 撫養街道って?撫養街道の鳴門堂にて”鳴門饅頭”を食す!
No.40 妙見山『トリーデなると』妙見山のトリーデなると展望台へ
No.41 ドイツ館 道の駅第九の里にて『鳴ちゅるうどん』を食す!
No.42 ドイツ館 道の駅第九の里にて『ドイツソーセージ』を食す!
No.43 ドイツ館 ドイツ館で第九の歴史を学ぶ
No.44 ドイツ館 ミュージアムショップにてドイツ関連のお土産を買う!

岡崎渡船

鳴門堂

トリーデなると

ドイツ館ミュージアムショップ

No.35〜No.37
四国霊場一番前札所『十輪寺』編〜別名ゼロ番札所「談義所」

四国霊場八十八箇所巡礼の一番札所は「霊山寺」です!
その一番のひとつ前・・・ゼロ番札所があるのはご存知ですか?
うずしおくんとなるちゅるさんが「十輪寺」にお邪魔して 板東住職に
お話を伺いました。


No.35 四国霊場一番前札所『十輪寺』その1  
No.36 四国霊場一番前札所『十輪寺』その2  
No.37 四国霊場一番前札所『十輪寺』その3

◇十輪寺
鳴門市大麻町の十輪寺は、昔、四国霊場一番札所「霊山寺」に向かうお遍路さんが立ち寄ったお寺で、
一番前札所(別名ゼロ番札所)と言われています。
弘法大師が この寺に僧侶を集めて四国霊場の相談(談議)をした場所とも言われています。



No.34 引田の街並みレトロカフェ?

うずしおくん一行もひと休み。
レトロなカフェに入ることに・・・


◇カフェ・ヌーベル・ポスト
1932年に建設された8角形の窓のあるユニークなデザインの洋館は、
1978年まで特定郵便局の局舎として使われていた。リニューアルされて「風の港館」と名付けられ館内にある
カフェの店名は「カフェ・ヌーベル・ポスト(フランス語で新しい郵便局という意味)」でも知られている。
2010年(平成22年)、国の登録有形文化財に登録された。



No.33 東かがわで“かめたろう”と?

手袋生産日本一の東かがわ市の手袋ギャラリーで美女に
出会ったうずしおくん一行は?


◇東かがわ手袋ギャラリー
東かがわ手袋ギャラリーは、讃州井筒屋敷や、かめびし屋に隣接していますので、
短時間で、回れる観光コースになっています。



No.30 No.31 No.32 井筒屋敷編

No.30 ご利益のある金庫?


No.31 からくり人形!

No.32 井筒屋敷で地魚丼を食す!


◇井筒屋敷
讃州井筒屋敷の母屋は、旧井筒屋(佐野家)で住まいとして使われていた建物です。
醤油販売をしていた帳場、家族の団欒の場であった居間
客人を迎えていた格式高い奥座敷、当主の粋なこだわりが諸所にある茶室、
母屋を支える梁柱が見られる屋根裏などがあります。
各部屋はそれぞれ用途に応じた造りになっていて、
庭には飛び石がテンポ良く配置されており、用意している下駄で自由に歩いて頂けます。
母屋に併設している生活道具を保管していた「かまや蔵」には
旧井筒屋の歴史やゆかりの品を展示しています。

【営業時間】10〜16時
【定休日】 水曜
【入館料】 大人300円、子ども150円(高校生以下)、幼児無料
 障がい者および付添人150円、障がい者子ども(高校生以下)無料
※ただし、企画展により異なる。
 【電話番号】0879-23-8550


No.29 東かがわで“かめたろう”と?

今回は、かめたろうと東かがわへ・・・。







No.27 No.28 なると物産館編 MAPR
前編
 ◇後編

今回は、なると物産館にやってきました。
なると物産館は、鳴門市消防舎横のうずしお会館1階にあります。
鳴門市の特産である「れんこん」「わかめ」「なると金時」を使用した商品や、徳島県の名産「すだち」などを使用したお菓子・地酒など、様々な商品を数多く取り揃えています。

◇なると物産館


No.25 No.26『鳴門市ドイツ館とは!?』鳴門市ドイツ館編 MAPQ
前編
 ◇後編

今回は、ドイツ兵俘虜と地域の人々の交流を
知ることができる鳴門市ドイツ館へ…

◇鳴門市ドイツ館
〈〈うずしおくんブログ記事〉〉
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-12018343524.html
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10678628402.html



No.24「渦の道のマドンナ編 其の3
    〜エスカヒルの大パノラマ展望台で…MAPA

渦の道のマドンナと大鳴門橋の真下にある秘密のスポットへ・・・そこで激しい・・・
◇エスカヒル鳴門
〈〈うずしおくんブログ記事〉〉http://ameblo.jp/narutokanko/archive-201301.html
〈〈YouTube〉〉www.youtube.com/watch?v=X_1Gh0ekVeY


No.23「渦の道のマドンナ編 其の2〜大鳴門橋の真下で…
MAPA

渦の道のマドンナと大鳴門橋の真下にある秘密のスポットへ・・・そこで激しい・・・
◇渦の道
〈〈うずしおくんブログ記事〉〉http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10662586668.html


No.22「渦の道のマドンナ編 其の1〜渦の道で…MAPA
渦の道にやってきた、うずしおくんとなるちゅるさん そこで出会った美女と共に!
〈〈うずしおくんブログ記事〉〉
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10836987544.html
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11440151010.html

No.21「パワースポット編 鳴門の神依岩」〜in恵比寿神社
MAPP
鳴門の秘密パワースポット“神依岩”の紹介です。
体が元気になり治療の効果もある?と言われている鳴門市撫養町立岩の恵比寿神社!うずしおくんとなるちゅるさんが、その効果を探りに…

〈〈うずしおくんブログ記事〉〉
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11741715703.html
http://ameblo.jp/narutokanko/day-20110108.html

No.19・20「福寿醤油編」MAPO ◇前編 ◇後編 

鳴門の撫養街道沿いの本家松浦酒造さんに続いて 醤油蔵の福寿醤油さんにてうずしお大使が利き醤油・・・
◇うずしおくんとKura&Kura見学 福寿醤油編
◇Kura&Kura見学
◇鳴門市うずしお観光協会


No.17・18「松浦酒造編」MAPK ◇前編  ◇後編 
鳴門の撫養街道沿いにある酒蔵の本家松浦酒造さんと醤油蔵の福寿醤油さんが企画しているKura&Kura見学に 鳴門うずしお大使の美人2人と共に訪れた うずしおくんとなるちゅるさん!が突撃取材してきたのは・・・ 鳴門市大麻町にある“本家松浦酒造”の母屋のお店です。
〈〈うずしおくんブログ記事〉〉http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11582529758.html

No.16「門前一番街編」MAPN 
鳴門うずしお大使の二人(竹田美佳さん、都あおいさん)と共にまずは、霊山寺横の「門前一番街」にて、お遍路さんの衣装に着替えて参拝のマナーなどを公認先達の藤本店長さんからレクチャーを受けて…
〈〈うずしおくんブログ記事〉〉http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11558985264.html

No.14・15「うずしおくんと駅からウォーク編」MAPM
◇前編 ◇後編

うずしおくん&なるちゅるさんがなると観光ボランティアガイドのみなさんの案内で
“駅からウォーク”に参加!
〈〈うずしおくんブログ記事〉〉
前編 http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11494567437.html
後編 http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11521506887.html


No.13「さば棒寿司編」MAPL 

うずしおくん&なるちゅるさんがフジヤ食品さんに出没!
お腹をすかした美女2人と出会った2人は なるちゅるさんおすすめの絶品!!
“さば棒寿司”を・・・
〈〈うずしおくんブログ記事〉〉http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11342688403.html


No.12「本家松浦酒造場  鳴門鯛“蔵開き編”」MAPK 

“清酒鳴門鯛”と“すだち酒”で有名な 本家松浦酒造場の蔵開きイベントに
うずしおくん&なるちゅるさんが出没! 蔵出し生原酒を味わいつつ
松浦酒造×オーポワブルの大吟醸酒粕ケーキを 発見した2人は・・・?
<<うずしおくんブログ記事>>
http://ameblo.jp/narutokanko/day-20121110.html
http://ameblo.jp/narutokanko/day-20121109.html


No.11「朝6時の漁協食堂うずしお(北灘JF)」MAPJ 

朝6時に鳴門北灘漁協にある「漁協食堂うずしお」に朝ごはんを食べに来た、 うずしおくんとなるちゅるさん! そこで!!
神戸から鳴門観光旅行に来た女子大生3人組と出会った2人は・・・・
<<鳴門市うずしお観光協会 ブログ記事リンク>>
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11365786872.html?frm_src=thumb_module


No.10「鬼の骨のお寺」MAPI 

ナるとくんとなるちゅるさん一行が今回出没したのが・・・・
鬼(おに)の骨(ほね)の寺(てら)と書いて「きこつじ」という名前の 鳴門市北灘町にあるお寺です。 このお寺には、今から800年前から伝わる”鬼の伝説”があり、 なんと・・・その骨と歯が今もお寺に安置されています。
鳴門うずしお大使の前田さん、瀬辺さんも緊張の体験! その伝説とは?

<<動画>>BFM791「ナるとくんが行く!」動画編 http://www.youtube.com/user/BFM791
・鬼の骨伝説《動画-前編》 http://youtu.be/dwt_SBVZ_BY
・鬼の骨伝説《動画-後編》 http://youtu.be/YuQAZ2bnLRE

<<ナるとくんブログ記事>> http://ameblo.jp/narutokanko/day-20110910.html


No.9「パワースポット大麻比古神社“心願の鏡池”」MAPH

徳島のみなさんに「お〜あさはん」の名称で親しまれ、 阿波の一之宮で知られる
「大麻比古神社」には、知られざるパワースポットがあります。
“心願の鏡池”という場所が、今では恋のパワースポットとして隠れた人気です。
昔、俘虜収容所にいたドイツ兵たちが、一日も早く自国へ戻りたいとの思いで作った
日独友好の印です。
鳴門うずしお大使の美女二人と発見した”恋が成就する方法”とは?
そして、恋の診断と、おみくじの結果は??
<<ナるとくんブログ記事>> http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11018924484.html#main


No.8「バルトの庭で焼き立てパンを食す!」MAPG 

今回は、板東俘虜収容所にあったパン窯を再現した煉瓦つくりの窯で、 毎週末焼き立てのパンが焼かれるバルトの庭へ出没です。 パン生地はバルトの庭のスタッフの方の手作りです。
パンが焼けるまでの間、バルトの庭の森住さんと、うずしお大使の瀬辺さんが歌を披露。
曲は、あのベートーヴェンの第九を、なんとドイツ語で! 待つこと約15分ついに……
<<ナるとくんブログ記事>>http://ameblo.jp/narutokanko/entry-11016128428.html


No.7「豊田商店で地元の“おみやげ”を探す!」MAPF 

≪大毛島ルートPart.2≫
大塚美術館を後にした二人、地元のお土産を探すべくバスに乗り大鳴門橋と鳴門海峡周辺が見渡せる絶景ポイントの海岸沿いで“おみやげ屋”を発見! 地元の○○を試食!店内を散策中に出会った素敵な看板娘に………!?
<<ナるとくんブログ記事>>http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10983648369.html


No.6「ナるとくん、大塚国際美術館に出没!」MAPE 

≪大毛島ルートPart.1≫
大塚国際美術館の人気者“大塚アートくん”に会いに行きました。 このアートくんは、ギャラリートークの合間に、お客さんの顔診断をしてくれます。 館内の絵画のなかから、その人に似た人物画を探してくれるのです。 さっそく、診断をしてもらった結果・・・・
<<ナるとくんブログ記事>>http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10976613184.html


No.5「四国巡礼ミニ八十八箇所」MAPD 

『ナるとくんが行く』の5本目は、知る人ぞ知る“四国巡礼ミニ八十八箇所”です。 本物の四国八十八箇所は総距離約1400キロを何日もかけて巡りますが、 なかなか時間が取れない人は、ご利益も同じと言われてますので・・・ ここ鳴門の金光山の八十八箇所なら約1時間で1番〜88番までお参りできます。 さて、『ナるとくん』と『なるちゅるさん』のミニ巡礼は?!
<<ナるとくんブログ記事>>http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10736898415.html


No.4「昭和を探そう!ばんどう門前通り」MAPC 

今回はJR鳴門駅からディーゼルカーに乗り、 JR板東駅から一番札所“霊山寺”までの隠れた人気スポット! 今では懐かしい昭和時代の面影が残る『ばんどう門前通り』の探索です。 そこで”ナるとくん”と“なるちゅるさん”が見たものとは!?
<<ナるとくんブログ記事>>http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10724905043.html


No.3「夕暮れ前の“岡崎渡船”」MAPB 

今回は、鳴門に3つある渡船のうちの1つ「岡崎渡船」に乗ってみました。渡船のエンジン音と夕焼けに、ちょっぴり哀愁を感じるナるとくんとなるちゅるさん。 温かさや郷愁を感じさせる3分間のぜいたくな船旅です。
<<ナるとくんブログ記事>>
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10663319651.html
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10867308689.html


No.2「鳴門海峡の潮流パワーを目の前で!」MAPA 

ナるとくんとなるちゅるさんが今回向かったのは、大鳴門橋の真下にある鳴門公園・千畳敷展望台。隠れスポットでもあるこの場所で、二人だけで・・・?
<<ナるとくんブログ記事>>
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10662586668.html
http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10677547685.html


No.1「早朝6時から”なるちゅるうどん”を食す!」MAP@ 

記念すべき第1回の放送は、鳴門のうずしお食堂におじゃま。
ナるとくんとなるちゅるさんが鳴ちゅるうどんのルーツに迫る!
<<ナるとくんブログ記事>>http://ameblo.jp/narutokanko/entry-10661200280.html


番外編〜松浦酒造 立春朝搾り〜

2013年2月4日(月)立春の干支は癸巳(みずのとみ)で旧暦のお正月では干支が改まります。節分の夜から一晩中、もろみを搾り続け、立春の早朝に搾りあがったばかりの生原酒が“立春朝搾り”。
この日、阿波神社にて「鳴門鯛 立春朝搾り」の神事が執り行われました。


(左)日本名門酒会 
株式会社岡永 国際流通マネージャー 津奨光 利酒師(SSI認定)
(右)株式会社 本家松浦酒造場 松浦素子社長